食の課題にはエコシステムの発想が不可欠。最先端のテクノロジーを活用したエコシステムを構想する - Industry-Up Dialogue「リジェネレーティブフードシステム産業」
見出し画像

食の課題にはエコシステムの発想が不可欠。最先端のテクノロジーを活用したエコシステムを構想する - Industry-Up Dialogue「リジェネレーティブフードシステム産業」

終了しました

Industry-Up Week Autumn 2021」の期間中に開催される「Industry-Up Dialogue」に、これから始まる新産業が登場。実現すべき未来”の共創に取り組むキーパーソンと新産業の目的やエコシステムの仮説等についてインタラクティブな対話によるセッションを開催します。(対話参加者事前登録制)

リジェネレーティブフードシステム産業 Dialogue

2021年9月14日 (火) 19:00 - 20:30

健康・環境面への影響やフードロスの課題など、食に関わる課題はたくさんあります。いくつかの国では、フードロスに関する法律も整備され始めています。食に関わる企業は、こうした課題にどう立ち向かい実現すべき未来を作利上げているのでしょうか。新しいフードシステムの最前線について一緒に考えてみませんか?

キーワード

#食の課題 #フードロス #テクノロジー #環境面

タイムライン

19:00~【オープニング】
19:05~【インスピレーショントーク】
・石川 慎之祐
 株式会社グリーンエース 代表取締役社長
 慶應義塾大学政策・メディア研究科特任助教/ 博士 (農学)
・田中 宏隆
 株式会社シグマクシス 常務執行役員
 スマートキッチン・サミット・ジャパン主催者
 一般社団法人 SPACE FOODSPHERE理事
19:20〜【Q&レスポンス】
・ゲストの方の産業に対する「問い」に対して、参加者から問いへの考えやコメントを頂きます。
19:55~【ダイアログ】自由な対話交流タイム
20:25【クロージング】
※本イベントの詳細は変更する可能性がございます。

ダイアローグ参加申し込みフォーム

終了しました。

Industry-Up Week Autumn 2021にも登録ください

「Industry-Up Week Autumn 2021」は、経済産業省 関東経済産業局を共催パートナーにて開催する「国内最大級の新産業共創の交流の場・越境人材の祭典」です。大企業・研究・学校・医療・公的機関など、所属や世代のあらゆる垣根を超えて、総勢70名を超える登壇者と新しい産業を共創するための対話を進めていきます。

「Industry-Up Dialogue」は「Industry-Up Week Autumn 2021」のコンテンツの1つとなっております。

Industry-Up Week Autumn 2021
【日時】2021年9月10日 (金) - 9月19日 (日)
【場所】オンライン
【参加費】無料
【申込フォーム】EventHub申込みフォーム
新産業を共に創りましょう!
新産業アクセラレーター SUNDRED株式会社の公式メディア。外資系IT等で代表取締役社長兼CEOを含む要職を歴任したプロ経営者、留目真伸の『実現すべき未来』や『事業構想』メッセージ。インタープレナーや新産業共創プロジェクトの活動レポート