活動

32
固定された記事
国内最大級の新産業共創の交流の場・越境人材の祭典 -「その先の未来」につながる共創が、ここから始まる。-
+24

国内最大級の新産業共創の交流の場・越境人材の祭典 -「その先の未来」につながる共創が、ここから始まる。-

「新産業共創」の“すべて“が集う、10日間。 新産業共創プロジェクトの最新情報や、新産業づくりの知見を共有する『Industry-Up Day』。新産業づくりの中核を担う新たな人材像「インタープレナー」を掘り下げる『Interpreneur Summit』。そして、新産業づくりの当事者が本気の“対話“に臨む『Industry-Up Dialogue』。 SUNDRED史上最大規模で開催される“イノベーションの祭典“ Industry-Up Week Autumn 202

スキ
19
「対話」の中から聴こえてくる、イノベーションの産声|聴き合う組織をつくる『YeLL』のnote

「対話」の中から聴こえてくる、イノベーションの産声|聴き合う組織をつくる『YeLL』のnote

「実現すべき未来」を共につくるために、目的を共創し、新しい産業をカタチにしている組織があります。それが、『新産業共創スタジオ』です。 新産業共創スタジオは、今までになかった産業を”共創”し、社会に新しい価値を生み出すことを目指しています。そのための重要なファクターとなるのが、「対話」です。今回は、今年2月17日(水)に開催されたセッション『Industry-Up Day(s)』の様子をご紹介します。 イノベーション創出のためには、まず社会の中に埋もれている”目的”の解像度

スキ
32
【登壇情報】日経イノベーション・ミートアップにSUNDRED代表・留目真伸が登壇

【登壇情報】日経イノベーション・ミートアップにSUNDRED代表・留目真伸が登壇

SUNDRED 代表取締役・パートナーの留目真伸、SUNDRED株式会社 パートナー|三井不動産 BASE Q 運営責任者の光村 圭一郎 が日経イノベーション・ミートアップにて登壇いたします。 概要・元レノボ・ジャパン代表で、大企業のトップからエンジェル投資家、ベンチャー社長まで経験した留目真伸による生き方の提案。 ・終身雇用神話が崩壊した今、どのように自分のキャリアを描けばいいかがわかる。 ・ひとつの会社に留まらず活躍する方法や事例がわかる。 ・会社の枠を超えて社会起点で

スキ
13
Industry-Up Days: Spring 2021、新産業が日本を変える、目的の共創は組織を超えた「社会人」同士の対話から

Industry-Up Days: Spring 2021、新産業が日本を変える、目的の共創は組織を超えた「社会人」同士の対話から

SUNDRED / 新産業共創スタジオでは2月17日〜19日にカンファレンスを開催します。 Industry-Up Days: Spring 2021【テーマ】新産業が日本を変える、目的の共創は組織を超えた「社会人」同士の対話から 100個の新産業の共創を目指す「新産業アクセラレーター」SUNDREDでは、2019年7月の「新産業共創スタジオ」のローンチ以降、社会起点の目的共創からはじまる「新産業共創プロセス」をベースに新産業の共創に取り組んでいます。現在12個の多様な領

スキ
24
SUNDRED代表取締役の留目真伸、病院マーケティングサミットJAPAN2020に登壇

SUNDRED代表取締役の留目真伸、病院マーケティングサミットJAPAN2020に登壇

2020年12月1日〜5日の5日間にわたって開催された『病院マーケティングサミットJAPAN2020』にSUNDRED 代表取締役の留目真伸が連日、全5回のセッションに登壇しました。 留目真伸登壇セッション12月1日(火) 20:00~21:30 移り変わりゆく医師キャリアパス 〜昭和、平成、令和、withコロナ時代〜 12月2日(水) 16:00~17:20 妊活・妊娠について逃げずに語るべき時がきた! ~ 社会全体で向き合うプレコンセプションケア ~ 12月4日(金)

スキ
11
SUNDRED代表取締役の留目真伸、『Inclusive Life in Society 5.0 - 女性が共感でつながっていく社会へ -』に登壇

SUNDRED代表取締役の留目真伸、『Inclusive Life in Society 5.0 - 女性が共感でつながっていく社会へ -』に登壇

2020年12月9日、東京ミッドタウン日比谷で開催された『Inclusive Life in Society 5.0 - 女性が共感でつながっていく社会へ -』にSUNDRED 代表取締役の留目真伸が登壇しました。 北海道大学C O I 『食と健康の達人』拠点 Inclusive Life in Society 5.0 -女性が共感で繋がっていく社会へ – 北海道大学COI*は、2015年から『食と健康の達人』拠点として、“母子が笑顔で幸せに暮らせるまち”の構築を、岩見沢

スキ
11