100個の新産業を共創する

12
「ユビキタスヘルスケア産業」共創プロジェクトは次のステージへ

「ユビキタスヘルスケア産業」共創プロジェクトは次のステージへ

「遠隔診療」を医療エクスペリエンスのデジタル化推進のきっかけと定め、デジタル聴診デバイスをトリガー事業として遠隔診療のエコシステム共創に取り組んできたフェーズを経て、いよいよ次のフェーズに進んでいきたいと考え、過去数カ月 様々な方々との対話を通じて構想を進めてきました。 医療・ヘルスケアにおける「実現すべき未来」のための3つの課題領域として 1. 世界的な医師不足・医師の偏在・過重労働の解消 2. ヘルスケアとの融合から医療費増加の抑制 3. 多様性への対応 これらをあ

8
医師/病院と患者の普遍的な関係をテクノロジーを使ってアップデートする「ユビキタスヘルスケア産業」を共創、SUNDRED / 新産業共創スタジオ プロジェクト紹介その5

医師/病院と患者の普遍的な関係をテクノロジーを使ってアップデートする「ユビキタスヘルスケア産業」を共創、SUNDRED / 新産業共創スタジオ プロジェクト紹介その5

100個の新産業の共創を目指す「新産業アクセラレーター」SUNDREDでは、2019年7月の「新産業共創スタジオ」のローンチ以降、社会起点の目的共創からはじまる「新産業共創プロセス」をベースに新産業の共創に取り組んでいます。現在12個の多様な領域における新産業共創プロジェクトが進行中。本日はその中の1つ「ユビキタスヘルスケア産業」についてのnoteです。 SUNDRED / 新産業共創スタジオ プロジェクト紹介その5 ユビキタスヘルスケア産業、メッセージ 日本で「医療を

14