留目真伸からのメッセージ

14

SUNDRED/新産業共創スタジオ 昨年の振り返りと2021年の抱負

明けましておめでとうございます。 昨年2020年は庚子(かのえね)のいわれの通り、私自身にとっても、これまでを継承し改め、新しくしていく年であったと思います。 2019年の7月にスタートしたSUNDRED/新産業共創スタジオの活動は、2020年にはプロジェクト数の拡大、プロジェクトの質の向上、新産業…

留目真伸インタビュー① 新産業をつくるために「現場のリアル」と「共感するストーリー…

SUNDRED株式会社の「新産業共創スタジオ(Industry-up Studio)」がスタートして、約1年半が経ちました。今回からは、SUNDREDに関わるキーマンたちのインタビューや対談をお送りしていきます。 まずは、代表取締役・CEOの留目真伸のインタビューです。これまでの日々の歩みをあらためて振り返りながら…

SUNDRED、note始めました

皆さん、こんにちは。SUNDRED代表の留目です。 日本から新たな産業を生み出すことを目指すSUNDREDは、私たちの想いや考え、日々の活動をもっと皆さんに知っていただくため、オウンドメディアとしてnoteを開設することになりました。これが、記念すべき1本目の記事になります。 SUNDREDってなに? こ…

SUNDRED / 『新産業共創スタジオ』ローンチ

2019年7月1日、SUNDRED株式会社とその基幹事業である『新産業共創スタジオ(Industry-up Studio)』の始動についてプレスリリースをさせて頂きました。 Press release : https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000046109.html HP : https://sundred.co.jp/ Filament社による取材記事(前編)…

『事業共創スタジオ(仮称)』構想について - その4

成長産業の創出・GDP拡大、『あるべき将来の姿』の実現のため、成長領域もしくは意味のあるプロジェクトにリソースを効果的に集約していくための仕組み(日本型の産業共創・事業共創モデル)を創っていきたいということで『事業共創スタジオ(仮称)』の設立の検討を進めています。 https://note.mu/t

『事業共創スタジオ(仮称)』構想について - その3

『事業共創スタジオ(仮称)』の件、『あるべき将来の姿』の共有をベースに社会起点・顧客起点での課題解決のプロジェクトをフレキシブルに創出し必要なリソースを集約していける社会、関心のある人と企業が自在に参画していくことのできる社会、を実現してきたいということで、その後も多くの方からフ…

『事業共創スタジオ(仮称)』構想について - その2

先日シェアさせて頂いた『事業共創スタジオ(仮称)』について、想像以上に多くの方からメッセージを頂きまして有難うございます。 こちら実はかなり以前から『プロジェクト・ベースで枠を超えてフレキシブルに価値創造が行われる社会を創りたい』ということでオンオフ様々な場面で多くの方と議論をさ…