インタープレナー - 実現すべき未来をともに創る

30
固定された記事
組織の枠を越え社会で働く SUNDREDコミュニティ - インタープレナーの集い

組織の枠を越え社会で働く SUNDREDコミュニティ - インタープレナーの集い

SUNDREDコミュニティ -インタープレナーの集い- とは? 「インタープレナー」は社会起点で 越境しながら 価値創造に取り組む個人のことです。 どこの組織に所属しても、組織に所属していなくても、より良い未来を創っていくという意思と、枠を超えていち社会人として社会と人と向き合うというマインドがあれば、誰でも「インタープレナー」として行動できます。SUNDREDコミュニティは、そんな「インタープレナー」達が集まり、これからの産業レベルの価値創造「新産業共創」のための対話を

35
無職からの再挑戦。まだ不安はあるけれど、何も妥協しなくて済みそう。

無職からの再挑戦。まだ不安はあるけれど、何も妥協しなくて済みそう。

僕は今、ワクワクしています。 やっと一つ、オープンに出来るお仕事が出来たからです。 道半ばであったMAMORIOというプロジェクトを離れ、多くの方々に今後のことを聞かれるも、アレより面白い仕事なんてあるんかいなー。と思いながら「いや、なんも決まってないっす。」と答える日々が一ヶ月続きました。 新しい仕事を考える上で、あらゆる制約条件を取り払った時に、満たしていきたかったのは主に6つです。もちろん何かを妥協する前提。 ・社会的に絶対的にいいことをしたい(ビジョン) ・自分

20
大企業のトップマネジメントから起業家に転じた男との対話

大企業のトップマネジメントから起業家に転じた男との対話

「僕たちの世代は何も社会に貢献してこなかった。本当は僕たちの世代で社会の仕組みをアップデートしておかなくちゃいけなかったのに、それをできないまま平成が終わってしまった。だから今からでも、その構造を変えていく努力を必死でやらなくちゃいけないんですよ」 そう熱く語るのは僕の友人の留目さん。 彼はシェア日本一のパソコンメーカー、レノボ・ジャパンの社長や資生堂の上級副社長などを歴任しながら、今年7月に独立しSUNDREDという会社を立ち上げた人物で、僕とは同い年の47歳だ。 「僕

52