インタープレナー - 実現すべき未来をともに創る

52
固定された記事
組織の枠を越え社会で働く SUNDREDコミュニティ - インタープレナーの集い

組織の枠を越え社会で働く SUNDREDコミュニティ - インタープレナーの集い

SUNDREDコミュニティ -インタープレナーの集い- とは? 「インタープレナー」は社会起点で 越境しながら 価値創造に取り組む個人のことです。 どこの組織に所属しても、組織に所属していなくても、より良い未来を創っていくという意思と、枠を超えていち社会人として社会と人と向き合うというマインドがあれば、誰でも「インタープレナー」として行動できます。SUNDREDコミュニティは、そんな「インタープレナー」達が集まり、これからの産業レベルの価値創造「新産業共創」のための対話を

スキ
37
越境人材ミートアップ インタープレナー(越境人材)が活躍するための条件とは

越境人材ミートアップ インタープレナー(越境人材)が活躍するための条件とは

SUNDRED Industry-Up Week  2021 Autumnインタープレナー公式レポーターの竹松です。 10日間にわたる大型カンファレンス、SUNDRED Industry-Up Week  2021 Autumnも水曜日の今日が折り返し地点、山場に差し掛かっています。 今週、13日月曜日から17日金曜日の5日間は Industry-Up Dialogue という企画が毎日1~2本行われています。 「Industry-Up Dialogue」は “実現すべき

スキ
21
新産業共創エコシステムにおける組織と越境人材の役割について - Industry-Up Day Keynote 1 ほぼ書き起こし
+1

新産業共創エコシステムにおける組織と越境人材の役割について - Industry-Up Day Keynote 1 ほぼ書き起こし

SUNDRED株式会社と経済産業省関東経済産業局との共催で2021年9月10日-19日の10日間開催の「Industry-Up Week Autumn 2021」 有給をとって朝から視聴。初日のキーノート1「新産業共創エコシステムにおける組織と越境人材の役割について」こちら、内容が非常に素晴らしく、色々な人に広めたい。しっかりと整理・言語化しておこう!とnoteの執筆をはじめました。動画を見ながら執筆作業、サマリーの予定が”ほぼ書き起こし”に、、大事なポイントが沢山あるので

スキ
38
Industry-Up Week Autumn 2021 SDGsに取り組むことで新産業創造の機会が見えてくる

Industry-Up Week Autumn 2021 SDGsに取り組むことで新産業創造の機会が見えてくる

Industry-Up Week Autumn 2021 インタープレナー公式レポーターの竹松です。 SUNDREDの10日間にもわたる大規模カンファレンス Industry-Up Week第1日目が終了しました。イベントの詳細はこちら。1日目が終了しましたが、参加申し込みまだまだ受け付けておりますので、ぜひご参加ください。 在宅勤務の傍ら耳を傾けてみるだけでも新たな発見があるかもしれません! 1日目は、Industry-Up Day  二つのキーのキーノートセッショ

スキ
15
SUNDRED インタープレナー育成プログラム(β版)受講記 (1)
+5

SUNDRED インタープレナー育成プログラム(β版)受講記 (1)

さて、明日からいよいよ「新産業共創」の“すべて“が集う10日間が始まります。SUNDRED史上最大規模で開催される“イノベーションの祭典“をお見逃しなく!現在参加者のべ600名突破! さて、さかのぼること2021年5月から7月。6回にわたり、SUNDREDでは、パートナー企業とインタープレナーコミュニティのメンバーから希望者を募り、新産業やオープンイノベーションを推進する人材「インタープレナー」を育成する、「インタープレナー育成プログラム」の第0回(β版)として実施が行われ

スキ
19
SUNDRED INDUSTRY-UP WEEK で登壇&レポーターします
+2

SUNDRED INDUSTRY-UP WEEK で登壇&レポーターします

こんばんは。竹松です。 さて、9月です。 SUNDREDが、関東経済産業局と共催開催する、Industry-Up Week Autumn 2021にて、2月のIndustry-Up Days: Spring 2021に引き続きインタープレナー公式レポーターを仰せつかりました。 イベントページはこちら そしてなんと今回は登壇もさせてもらいます プレスリリースにも顔写真が!端で切れていますが写ってます! イベント前後でnoteでの様々な発信をしていこうと考えており、SU

スキ
10